コーポレートガバナンス Corporate governance

基本的な考え方

当社は、グループ経営理念の下、経営資源の効率的な活用と適切なリスク管理を通じ、グループの中長期的な安定と持続的な成長及び企業価値の向上に努めます。
その実現のため、絶えず経営組織、経営システムの見直しと改善を行うなど、必要な施策を実施し、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うことができる経営体制を構築していくことが、コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方であると認識しており、経営上の最重要課題のひとつであると位置づけております。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

コーポレート・ガバナンス報告書

コンプライアンス基本方針 (行動指針)

当社は社会が求める商品とサービスを提供することにより社会の発展に貢献するよう努めます。また、企業が社会的責任を果たすためには、法令・社会規範の遵守がその基本であることを認識しております。そのために、このコンプライアンス基本方針を定め、公正で誠実な企業活動を遂行していきます。

  1. 法令やルールを遵守し、社会規範から逸脱することのない、公正で誠実な企業活動を遂行します。
  2. 社会的に有用な商品・サービスを安全性や顧客情報の保護に配慮して開発、提供することにより社会に貢献します。
  3. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  4. 顧客、取引先、社員、株主等のステークホルダーに対して、企業情報を積極的に公正に開示し、透明性の確保に努めます。
  5. 社員の人格・個性を尊重し、公正な処遇を行い、安全で働きやすい職場環境を確保・実現します。
  6. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、これを断固として排除します。
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 事業所一覧
  • 経営理念
  • コーポレートガバナンス
  • 沿革
  • 電響社グループ